ニャオが末期ガン

2年前の七夕に、セブンイレブンでぐったり横たわっているところを

保護した猫のニャオ(♀)は、当時2歳だった龍ちゃんに

すっかり懐いて、姉弟のように毎日、暮らしてきました。

そのニャオに乳がんが見つかり、昨秋に片方の乳腺を取り除く手術をして、

今年5月には、もう片方の乳腺と子宮を取り除く手術をしました。

その後、元気になってくれるといいな、と期待していたのですが、

リンパと肺への転移が見つかり、獣医さんからは、

「もうこれ以上の手術はできないので、あとは肺に溜まった水を抜いたり、

ステロイドや利尿剤を使って、やり過ごすしかないので、

でも、最後は呼吸困難で死んでしまいます」と言われてしまいました。

呼吸困難‥‥想像するだけで、辛くなります。

7月から息苦しさが増してきて、3〜4日に一度、動物病院で肺の水を抜くようになり、

段々とやせ細って、弱々しくなってきたニャオ。

龍ちゃんは「ニャオ、ガンなんかあっちいけ!」と背中をさすっています。

今年の七夕に「ニャオのガンが治りますように」と龍ちゃんと願い事を書きました。

IMG_0216

IMG_0220

IMG_0229

admin posted at 2017-9-29 Category: 未分類